MENU
PCサイトを表示
シェアブックス スタッフが送るたわいもない日記
このブログには、ちょくちょく代表の事を載せてきたので、けじめとして短文でもいいから書こうと思い立ちました。
激闘から半日が経過したけど、まだ自分の中で完全には消化しきれていません。
いろいろと思うところはありますが、今回は詳細を書くのは控えます。

友達・家族・知り合い・近所の人・日本国民が同じ方向を向いて、こんなにも熱く一体感を持って応援する事が他にあるでしょうか。
サッカーは素晴らしいですね!

北京世代を筆頭に長年見てきた愛着のあるメンバーを見れなくなるのは寂しいけど、日本のサッカー界には若くて優秀な人材がたくさんいるので、次の世代に期待したいです!
ありがとう日本代表!
そして、おつかれさま。
日本、決勝トーナメント進出やりましたね!
ですがこの戦い方に賛否が巻き起こっています。
僕はこれに関しては、様々な意見があっていいと思っています。
考え方やサッカーへの想いは、それぞれ異なると思うので、どれが正解とかはないと思います。

海外メディアはこれでもかというくらい日本を批判していますね。まあ、これは言わせておけばいいし、なんて言われようが関係ないですよね。
逆に日本のメディアや著名人はこぞって擁護しています。まあ、批判はしずらいですよね。
人によって見解が分かれる事案だと思うけど、僕はイエスかノーかでいうとノー。
1戦目、2戦目と素晴らしい攻撃サッカーを展開して、いい意味で世界に驚きを与えていたのに、なぜ3戦目であんな消極的な戦いを… 終盤に他力本願で消極的なサッカーを展開した時には落胆しました。
いやいや終盤のパス回しが悪いと言ってるわけではないですよ。
そんなのどこの国でもやってるし、それも戦略だから。
あれで試合を終わらせて、グループリーグ突破が確定するのなら、あのやり方で良かったというか、むしろそうすべきだと思います。
ただ、今回はそうではなく、他力に依存している状態でのあのやり方はいかがなものかと。
セネガルが点を取れずに終わったからいいものを、もし同点に追いついていたら日本は敗退していました。
もしそうなっていたら目も当てられません。監督はもの凄い批判にさらされていたでしょう。
僕は西野監督を批判しているわけではありませんよ。
監督はルールの中で一番決勝トーナメントに進める確率の高い方法を選択しただけ。
逆に点を取りに行くという選択をしていれば、グループリーグで敗退していたかもしれない。
今回は監督の苦渋の決断のおかげで決勝トーナメントに進む事が出来ました。
これは紛れもなく称賛される事だが、僕としては自力での突破を目指してほしかった。
それで負けてたらもちろん何かしらの批判は言ってるとは思うけど(笑)、今のようなもやもやした気分にはなっていなかったと思います。
過去のワールドカップで日本がグループリーグを突破した時は、言葉では言い表せないほど胸に響くものがあり、体の芯から熱くなるものを感じました。
今回はそれがなかっただけ、ただそれだけなんだけど、僕にとっては重要な事です。

何はともあれ、決勝トーナメントに進むことが出来ました。
ベルギーはとんでもなく強いと思うけど、日本は主力組を休ませる事に成功しており、チャンスはあると思います!
是非ベルギーを撃破して雑音を一蹴し、四年に一度のこの楽しくて素晴らしい時間を、少しでも長く堪能させてもらいたいです。
頑張れ!日本!

本・漫画・DVD・ゲーム等の出張買取は是非シェアブックスをご利用ください!

1
休憩時間にサッカーして準備万端です!
今日の夕方ショッキングなニュースが飛び込んできた。
登山家の栗城君がエベレスト挑戦中に死亡したと…

彼の登山スタイルには賛否があった。
ネット上では、実力と行動が伴っていないとか、登山を商業的に行っていて山を冒涜しているとか、あの登り方を続けるならいつ命を落としてもおかしくないとか、批判的な文章をよく見かけていた。
それと同じような事を実力と経験のある著名な登山家達も口を揃えて発言していたから、実際そうだったのかもしれない。
その実力不足の彼を周りのメディアやスポンサーが商業目的で煽っていたのだとすれば、その罪は重いのでは?という声が聞こえてくるのは容易に想像できる。
でも栗城君は自分の意志で挑戦していたと思いたいし、彼が発信する映像で何かしらの刺激や影響を受けて前を向いて行動を始めた人も確実にいたと思う。
見たくない人は見なければいいだけだし、人のチャレンジをとやかく言うのはナンセンスといった声も絶対あると思う。
僕は2009年に栗城君が出した本「一歩を越える勇気」を読んでから興味を持って少し行動を追っていたが、やはり商業的な露出に違和感を覚え、少しずつ関心が薄れていった。
だからといって嫌いになったというわけではなかったが、自信を持って好きだとも言えなかった。
ただ、その貴重な映像をライブ中継してくれるというのは本当に有難かったし、そういう意味では応援していた。
実際、今日の夕方からあるはずだったライブ配信もすごく楽しみにしていた。
僕は栗城君が登山家と名乗らずに何か別の適切な呼び方で活動していれば、こんな批判は受けないのにと常に思っていた。
新しい事をやろうとすると叩かれる風潮はどの世界でも変わりはない。
批判を承知で、それでも挑戦し続けていた。
覚悟は常に持っていたと思うが残念で仕方ない。

栗城君亡き今、また賛否両論出てくると思う。
ただ、彼は本当に山が好きだったのだろう。
それは疑う余地もない。
山に魅せられて、大好きな山で志高く人生を全うした。
ある意味幸せだと思う。
心よりご冥福をお祈りすると共に、僕は拍手を送りたい。
ありがとう。

本当は買取記を用意していたけど、急遽差し替えました。

1

PCサイトを表示
電話 0120-316-314(フリーダイヤル)
電話受付:年中無休 [ 10:00 - 19:00 ]
通信中です...しばらくお待ち下さい