MENU
PCサイトを表示
シェアブックス スタッフが送るたわいもない日記
11月は大きい買取が数件あり、横浜市港北区では8千冊の本を買取りしてきました。
すごく大変な買取だったので、今回はその買取記を載せようと思いましたが、それ以上に千葉県で印象に残る買取があったのでそちらを。

買取申込みフォームから千葉県の我孫子市で1500冊程の本の買取依頼が入った。
通常、出張買取は東京都と神奈川県のみだが、商品や数によってはその他の地域でも積極的に行くようにしている。
朝8時15分に会社を出て首都高から常磐道に入り、渋滞に遭遇する事無く10時過ぎに我孫子市にある依頼主の家に着いた。
家の前に車を停めると、車の音に気が付いたのだろう、依頼主の男性が足早に外に出てきた。
礼儀正しく気持ちよく挨拶をされたので、僕達も声を張って挨拶を返した。
家の中に案内されると、2人の女性が出迎えてくれて、やはり気持ちよく笑顔で挨拶をしてくれた。

本はいくつかの部屋に分かれて置いてあるらしく、とりあえず一通り見せてもらう事にした。
まず、1階に書庫が2部屋あり、2部屋共見事なまでに本で埋め尽くされていた。
そして2階に上がると、廊下に本棚が1つ、手前と奥の2部屋に本棚が3つあり、思っていた以上にたくさんあって全部で5000冊以上はあるように思えた。
これは大変な買取になるのは間違いないが、16時までには次の買取場所である横浜国立大学に行かなければいけない。とにかくやるしかない。
まず依頼主に、全集・古書・状態が悪い本は買取する事が出来ない事を伝えると、買取り出来る本だけでいいので、出来るだけ持って行って欲しいと言われた。
どうやら依頼主の3人は兄弟姉妹のようで、父親の遺品整理でシェアブックスに白羽の矢が立ったようだ。
この本の持ち主である父親が凄い本好きの収集家だったのは間違いなく、見た事がない様な珍しい本がたくさん置いてあった。

1
1階の書庫。 この部屋には本棚が同じ感じであと2列あった

シェアブックスは基本、古書の買取は行っていないので、今回その類の本を買い取る事はしなかったが、古書の世界をあまり知らない僕にでも絶対価値があるんだろうなと思う様な本がたくさん並べてあった。
依頼主に「値段が付かなくてもいいので持って行って下さい」と言われたが、僕が今迄見てきた古書とは明らかに毛色が違い、あまりにも価値がありそうだったので、「もっと専門的な所に見てもらった方がいいですよ」と、自分の知識の無さに不甲斐なさを感じながらも丁寧に促した。

そんな中、依頼主からこれは出来れば引き取ってほしいと言われたのが、FRIDAYとFOCUSの雑誌。
通常、雑誌は買取りも引き取りも行っていないが、なんと驚く事にFRIDAY・FOCUS共に創刊の第一冊目から数年前の発行まで途中欠かすことなく、十数冊ごとにファイルに閉じられて保管されていた。しかもそのファイルも専用のファイルだった。
長年この仕事をしてきたが、初めて目にしたのは言うまでもなく、今後もきっとお目にかかる事はないだろう。

2
1984年の創刊号1冊目

3
この専用ファイルが100近くあった

パラパラと初期の頃のページをめくってみると、今では絶対載せられない様な過激な写真と記事が堂々と掲載されていた。
そんな圧巻のコレクションだが、依頼主の子供達にしてみれば邪魔でしょうがないらしい。
「シェアブックスさんが引き取りを出来ないのであれば古紙に出して処分します」と言うので、無料で持って行く事も出来たが、きちんと買取額を支払って持ち帰る事にした。
御馳走になった缶コーヒーを飲みながら、作業の間にいろいろと話をした。
いろんな話をしているとやはり情が入ってしまい、少しでも助けてあげられたらなという心情になるのは人間だからしょうがない。
そういう訳で自分たちに出来る範囲で引き取れるだけ引き取る事にした。
そんなこんなで車に積んだ本は2000冊を超えていた。
最後の挨拶も含めて笑顔を絶やさない本当に気持ちの良い家族だった。
そんな方々と接していると、持ち主のお父さんも素敵な方だったのだろうなというのは容易に想像できた。
これからの出品作業が大変で、まだ少し先になると思うが、FRIDAYとFOCUSはヤフオクに出品しようと思っているので、どのような感じになったかはまたその時に報告したいと思います。

本・漫画・DVD・ゲームの買取は是非シェアブックスをご利用下さい。

仕事とは関係なく個人的な事ですが、身近で悔やんでも悔やみきれない出来事があり、ここ数日、平常心を保つのが大変でした。
愕然とした日々の中、状況を知った友人・知人から連絡が来たりしたので、ここに少し書こうと思いました。
詳細は控えますが、僕の気持ちとしては本当に痛恨の極みです。
でも僕は、彼が選択した行動を尊重したいと思います。
どんな事が起ころうが時間は戻ってくれず、当たり前のようにそれぞれの人生は続いて行く。
起こった事を決して忘れず、自分なりに受け止め、それを胸に刻み、顔を上げて、前を向いて、これから先に繋げていこうと思います。
天気はパッとしませんが秋っぽくなってきましたね。
西東京市でのビジネス書や専門書300冊程の出張買取り記を。

ハイエースが幅ぎりぎりで通れる狭い路地をゆっくりと進んで行き、突き当たりの私道か公道かよく分からない場所に車を停めた。
僕は初めてだったが、スタッフの長谷川が以前1人で買取りに来た事があると言う。どうやらリピーターのお客様のようだ。
車を降りると、ニンニクとスパイスが混ざったような強烈なエスニックの匂いが、建物に囲まれて風の流れの無い路地を充満させていた。近くにインド料理屋があるようだ。
インド料理は好きでよく食べに行くが、毎日、しかも朝からこの匂いを嗅がされるのはちょっとなとか思いつつ、エレベーターの無いマンションを5階まで上がっていく。
古いマンションなので階段がどこか変則的で、普通の5階までの階段より1.5倍増しに感じた。
ようやく依頼人と対面して挨拶を済ませ、持ち帰り査定の準備を始める。
依頼人は温厚な話し方でとても良い人そうだ。
ビジネス書や難しそうな専門書が床に平積みで置いてあった。
それらを迅速かつ丁寧にダンボールに入れていく。
依頼人の第一印象は「良い人」だったが、置いてある本を見た後は、急に賢そうで威厳のある感じに見えるから不思議である。
ダンボール5箱に収まった本を、やはりインド臭を全身に浴びながら車までせっせと運ぶ。(インドが嫌いな訳ではありませんよ 笑 旅行に行った事があるくらい好きな国です)
会社に持ち帰って早速査定を行った。
ちょっと読んでみたいなと思う経済本から、僕には題名が暗号に見えるような専門書まで幅広くいろんな本があった。
多少のヤケがある本もあったが、殆どの本が状態が良く、発行から間もない本や高価な専門書がたくさんあったので、査定額も高額なものとなった。
最近、専門書の買取りが減ってきていただけに、嬉しい良本の買取りとなった。

シェアブックスを立ち上げた当初は殆どが専門書やビジネス書等の本の買取りだった。
そこでDVDやゲーム等の買取を増やそうと、広告のやり方を変えたり、DVDやマンガ等も売ってもらいやすいサイトに試行錯誤し変更していった結果、徐々にだが本以外の買取が増えていった。
本以外の買取が増えたのはいいが、それまで中心に扱っていた専門書等の買取は減っていった。
何かを得れば何かを失う。これはうちも例外ではなく、やはり全体的な売上を考えた場合、そうなっていくのは自然の流れだったと思う。
しかしこれから先を考えた時に本・DVD・CD・ゲームの中で媒体として一番生き残りそうなのは本で、本の中でも電子化されにくいのが専門書だと思う。
専門書の買取りを増やすには、専用のサイトを別で立ち上げる必要もありそうだが、急を要する訳ではないのでその辺りはこれからじっくり考えていきたい。

先日、ブルーレイディスクとゲームの買取りにいったお客様から、数年前に一度シェアブックスさんに売って、その後2件程違う店に売ったけど、シェアブックスさんが一番良かったです。と有難い言葉を頂き、リピートしてくれました。これは本当に嬉しかったです。
最近、有難い事にリピーターのお客様が増えてきたと実感しています。
査定額は勿論のことだけど、お客様に対して誠心誠意接していく事を心掛けているので、それがいい方向に向かっているのであればと好意的に受け止めています。

よくお客様から「大型店よりも査定額は高いですか?」という質問を受けますが、僕は決まって「物によります」と返答します。
本やDVD等も共通しているけど市場価格が落ちていない物や発行から間もない物・レア商品は、おそらくうちの方が高い査定額が付くと思います。
逆に市場に大量に出回っていて、値崩れしている物は大型店に売る方が高く買い取ってくれそうです。
中々その辺りを見極めるのは難しいとは思いますが、以上を参考に専門書やビジネス書をお売りの際はシェアブックスの出張買取と宅配買取をご利用下さい!

1
富士山のふもとでキャンプしてきました。
ずっと雨だったけど、最終日の早朝に一瞬晴れた時の一枚。
今年の夏も暑かったですね。
そんな暑かった夏の買取りの中から印象に残ったものを。

港区の白金からCDとDVDの買取依頼が入った
到着した家はもの凄く立派な家で僕は少し圧倒された。
重厚な玄関にあるハイテクなインターフォンを押すと地下のガレージに向かうように言われ、ガレージの前で待っているとシャッターがゆっくりと開き、僕は恐縮しながら中へと入っていった。
車が5.6台は入りそうなガレージの片隅に買取品であるCDとDVDが大量に置いてあった。
持ち帰り査定だったので、商品を片っ端からダンボールに詰めて台車で車まで運ぶという作業を黙々と行っていると、依頼主のご主人が話好きのようで、僕達が作業を行っている間も横でずっと話しかけてくる。
60歳位だろうか、物腰が柔らかく話しやすかったので、僕も時より手を止めて話し込んだりした。
この豪邸をどのような経緯で購入したかを、こっちからは絶対聞けないような話を事細かに教えてくれた。
家は400㎡以上あるらしく、エレベーターやプールもあるようだ。
白金の一等地で400㎡以上もある物件は一体いくらくらいするのだろうか?
プールやエレベータ等の家の設備を維持をするだけで年間に数百万円というお金がかかるらしい。
近所の家も全て大豪邸で、ご主人によると著名な人達の家ばかりのようだ。
ここまでの話だと、ご主人がただ自慢しているように思えるかもしれないが、このご主人は決してそうではない。
ただ、人と楽しい会話がしたいのだ。少なくとも僕はそう感じた。
隅っこの方に冷蔵庫と洗濯機が置いてあった。
ご主人はそれらを指で差して、「いるなら持っていっていいよ。というか邪魔だから持っていってほしい」と言われ一瞬悩んだが、丁度事務所の冷蔵庫の買い替えを考えていたので、冷蔵庫は有難く貰って行く事にした。
ドラム式の洗濯機も魅力的だったが、大きすぎてこっちは持って行くのを諦めた。
いろんな話をたくさんして、最後の方は冗談を言い合うくらい仲良くなっていた。
とてもこのご主人が快適な生活を送っている様に思えたので、僕が「最高の人生ですね」と言うと、ご主人は「それがそうでもないんだよ」と、謙遜ではなく伏し目がちで呟いていたのが印象的だった。
裕福で家族もいて幸せなのは間違いなさそうだが、庶民の僕には分からない富裕層ならではの何かがあるのだろう。
最後に持ち帰り査定の流れを説明していると、「君達と話せてとても良かった。信用しているので査定額はいくらでもいいから」と言われ、この短い時間で信頼関係を作り出せた事が僕は嬉しかった。
勿論、通常通りに査定をしてその査定額を伝えると、とても喜んでくれて気持ちよく了承を貰えた。

様々な場所へ行き、多種多様な人達から買取りを行う。
今回の様な大豪邸から入るのを躊躇する程のゴミ屋敷等、例を挙げればキリがない程いろんな所へ行く。
そこではその人達の人生がほんの一部だが垣間見える事もある。
それら全てが貴重な経験であり、僕を成長させてくれる。
査定額に納得して貰えずに不成立になる事も稀にあるが、どの様な場所に行ってどの様な人達から買取りするにしても、一貫しているのは誠心誠意依頼人と接するという事だ。
関わる時間はほんの一瞬だが、お客様に少しでも満足してもらえるよう、これからも精進していきたいと思います。

本・コミック・DVD等の出張買取は是非シェアブックスをご利用下さい!

1
台風一過後の近所の多摩川河川敷
普段は芝生の広場だが、増水して川の水がすぐ近くまできていた。
空は怪しくも綺麗な夕焼けが広がっていた。
PCサイトを表示
電話 0120-316-314(フリーダイヤル)
電話受付:年中無休 [ 10:00 - 19:00 ]
通信中です...しばらくお待ち下さい